一般的な矯正歯科の常識を紹介!立川を例に分かりやすく解説

矯正歯科

矯正歯科治療の流れ

歯ブラシ

矯正治療とは、歯列を整える治療です。しかし、歯列を整えるだけではなく、噛み合わせを整える為でもあります。噛み合わせが悪いと将来的に顎関節への負担、全身のバランス問題にも繋がります。バランスが悪くなると肩こりの原因にもなります。矯正治療を始める前には精密検査、レントゲン撮影などをしてから治療を始めます。期間は個人差があり、ワイヤーを歯につけ歯を移動させるのに、だいたい1年から2年。そのあと並んだ歯並びを固定させるのに1年程。長く付き合ってくことが必要な治療です。
大人になってから治療をすると健康な歯でも抜かなきゃいけない事があります。歯を抜く事で隙間を作り並びを整えます。ワイヤーをつけた最初の1ヶ月ほどは痛みを伴ないます。ワイヤーも最初の方は取れやすく、固いものや、粘つく物は食べないようにと指示があります。3ヶ月程たつと馴染んできて痛みも感じなくなります。治療は1ヶ月に一度程度の通院です。そのときに、ワイヤーの交換。ワイヤーは徐々に太くなります。歯の移動がだいたい終わると、最終調整で、顎のズレや、微調整をしていきます。それが終わるとやっとワイヤーが外されます。しかし、ワイヤーが外れてからが1番大事!!歯は、元の位置へと戻ろうとするので、固定の装置をしっかり使う必要があります。これはだいたい取り外し可能なものなので自分の意思が大事になります。これまでが大まかな矯正治療の流れになります。

NEWS

2017年07月31日
矯正は評判の良い歯科を探そうを更新しました。
2017年07月31日
小児矯正治療についてを更新しました。
2017年07月31日
矯正歯科治療の流れを更新しました。
2017年07月31日
アメリカの矯正歯科の値段を更新しました。
TOP