一般的な矯正歯科の常識を紹介!立川を例に分かりやすく解説

矯正歯科

小児矯正治療について

フロス

小児の矯正治療。小児のうちから矯正を始めるにはメリット、デメリットがあります。まず、小児の矯正治療の流れについて。乳歯が生えそろってから開始する場合には、顎を広げてあげる治療をします。取り外し可能な装置を作り寝るときにつけます。そうする事により、永久歯が生えてくるスペースを作ってあげるのです。小児のうちは、顎の骨が柔らかいので広げる事が可能です。大人になってからでは、この治療はできません。小児のうちに顎を広げてあげると永久歯が生えるスペースが確保でき、綺麗に並んでくれる可能性ができてきます。
しかし、広げてあげても限界があるのでそれでもスペースが足りなく、永久歯になってからワイヤーを使用しなきゃいけなくなる事もあります。小児から始めると治療期間がとても長くなります。本人が嫌がって装置を使ってくれないと意味がありません。装置を使っているので歯磨きをしっかりしないと虫歯になるリスクもでてきます。
小児の矯正治療を始めるときには親だけの意見ではなく矯正をする小児本人がやりたいと思ってくれるのが大事です。医師によっても小児からの矯正は賛否両論あるようなので定期検診などに行き、歯並びについて相談してみるといいアドバイスをもらえると思うのでフッ素などの定期検診に行くのをお勧めします。

NEWS

2017年07月31日
矯正は評判の良い歯科を探そうを更新しました。
2017年07月31日
小児矯正治療についてを更新しました。
2017年07月31日
矯正歯科治療の流れを更新しました。
2017年07月31日
アメリカの矯正歯科の値段を更新しました。
TOP